スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
また、お別れ
2008 / 06 / 10 ( Tue )
6月1日に長男乱馬が永遠の眠りについたのもつかの間。

その事実を受け止めきれなかった次男坊良牙が
乱馬の初七日が過ぎるのを待っていたように
昨日午後突然人生の幕を自分で降ろしました。
5歳6ヶ月と13日でした。

乱馬お兄ちゃんが大好きで大好きで。

大人しい乱馬に『オシッコかけ大会』を発案して
真っ白とグレーな子達のはずが茶色く変色してたね。
拭いてキレイにしようなんて考えは途中で捨てたわ。

でもうさぎのくせにお風呂に入るのが大好きで。
散々暴れて茶色くなったら洗面所に連行されて
ビオレでさっぱりしてからエモリカのお湯の中で寝ていたね。

2歳になってからは喧嘩をふっかけ過ぎて
乱馬に怪我をさせたから
家を別々に、遊べる時間をずらして
寂しいのを我慢して柵越しに会いに行って
可能な限り腕を伸ばしてロミジュリごっこをするのが日課。
寂しいのが我慢できなくなったらお風呂に入れてって甘えに来たね。


お腹を一度も壊したことのない
病院に行った事のない、とても丈夫な子。
母さんはあなたとこんなに早く別れが来るとは思ってなかったんよ?

10歳になったらうさぎ長寿の会員に登録させてもらう予定だったんよ?

乱馬が骨に還ってからおかしいぐらいに食事を取らなくなったね。
大好きなものばかり用意したのに見向きもしないで。


まだ息のあった日曜のお昼
冷えた身体で動かなくなって、お腹がふくれて
ガスがたまっているようだったから
『運動不足や!温めたるから動け!』
ってお風呂に入れてみたけど、身体が温まることはありませんでした。

月曜の朝、母が覗いた時は昨日と変わらぬ様子だと言っていたけど、
30分後に2階に上がると身体をスフィンクス状態には保てず、
まだ生きてたけどベチャっとつぶれてた。

フェルトのパーカーを着せてても冷たいから
タオルでサンドイッチして

18時に帰って来るから頑張るんよ。
動けたらイチゴ食べなさいよ。

って言い残して出勤しました。

9時に初稼動になる案件があってどうしても休めない。
まだ大丈夫と思った。

どうして休まなかったのか
どうして昼で帰らなかったのか
連れて行けば良かったやんか

18時に帰ると、一足先に帰宅していた母が
泣きながら階段を下りて来た

乱馬に供える為に買った花をそのまま良牙のもとへと運びました。
身体は完全に固まっているのにお腹はまだ温かく
正午までは確実に息があったのだろうと思います。


【うさぎは寂しいと死んじゃうのよ】


どこかで聞いた言葉が頭をよぎりました。

仕事を休んで一緒にいればもう少し一緒にいれたのかもしれない
と悔やんでます。

でも彼の世界は乱馬一色だったはずで。
信頼できる存在を失った良牙は死へ一直線だったように思います。

最後の1週間は何も聞こえておらず、
大好きなキャベツやいちごにも興味をしめさず
ひたすらエネルギーを消化しきる為かのように
部屋の中を行ったり来たりしていました。

1分1秒でも早く乱馬の所へ行きたかったんよね。

でもね、良牙くん。

母さんは1分1秒でも1年でも長く
良牙と一緒にいたかったよ?

そんなに急ぐことなかったと思うよ?

せめて乱馬兄ちゃんと同じ6歳のお誕生日ぐらいはお祝いしたかったよ?


介護する気、満々で色々調べて買う準備してたのに。
最初から最後まで手のかからない子だったねぇ。


今、パソコンしかないこの部屋で母さんは寂しいな


良牙君、
乱馬兄ちゃんと一緒に虹の橋で母さんを待っててね。
2008_06_09ryoga.jpg
お風呂に連行される嬉しい期待満々りょうがくん。

********************************
火葬を20時からの最終で急遽お願いして、
23時ごろにお骨拾いをしてから
1日かけてちょっとずつ文章を書いてみました。
長い文章になった割に
何度直してもおかしな表現に
感じるところがあります。
つながってないところもあるかと思いますが
でもこれ以上足すのも直すのにも疲れたので
これでUPします。


読んで下さってありがとうございます。
落ち込むのはこれでお終いにします。
遅かれ早かれ良牙は乱馬のあとをすぐに追ったでしょう。
乱馬が弱い子だったので、今、来るべき時が来たのだと思います。

明日からはまたハスキー更新しますよ。
お楽しみに。
スポンサーサイト
21 : 28 | 虹の橋へ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
長男乱馬、永眠の日
2008 / 06 / 01 ( Sun )
明日の記事はBBQと思いつつ31日眠りについて
本日1日朝9時頃起きたら、
ウサギの長男乱馬が永遠の眠りについておりました。

2~3日前からだんだん眠る時間が増え、
食事にも手をつける頻度が減っていたのですが、
果物には反応を示していたのでまだいけるだろうと思っていたのですが。

死後硬直が完了していたので明け方3時か4時頃に
お気に入りのタオルの上で眠る為に横になり
そのまま亡くなったようです。

ミニウサギで1.3キロの子でした。
6歳9ヶ月まであと5日というところでの突然の別れでした。

お腹の弱い子でたびたび病院のお世話になった子でしたし、
ウサギという種族は日本では生態が
明らかになっていない部分が多くて、
対応できる獣医も少ないので、
原因不明で3~5年で亡くなる子が多い中で
6歳を越え、老衰で亡くなった様なのがせめてもの救いです。

甘えたで、触ってもらうのも抱っこも好きで、
名前を呼んでもらうと走って来て、
嬉しそうに足元をクルクル回って、
イチゴもリンゴもヨーグルトも大好きで、
おしゃべりも大好きなとっても犬の様な子でした。

偶然にせよ最期もわざわざ日曜を選んで逝ってしまうところが
やっぱり忠犬っぽくて泣くよりも笑ってしまいました。

首が傾いて、目が回ってしまう病気も3度乗り越え、
あごの下に腫瘍が出来て、
病院を5件ハシゴしても全てにおいて獣医に、
『症状を抑えるしか・・・』
とお手上げを3年前から宣言され、
いつお別れが来ても。と覚悟は出来ていたし、
他にも手のかかる息子がいっぱいいるので大丈夫です。
お別れを腕の中でしてあげられなかったのが
悔やまれますが。

ハスキーブログでちょっと場違いかもしれませんが、
予定してた記事がUPできなかったので
ご報告だけでもと思いまして。


乱馬へ。
虹の橋で待っててね。
2008_06_01ranma.jpg
6歳のお誕生日にプレゼントのミッキー君と♥
23 : 58 | 虹の橋へ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。